Yarber 8Kアクションカメラのファームウェアを覗いてみる

iCatch Technology

以前購入したYarber8Kアクションカメラですが、購入したときにショップからアップデート用のファームウェアをいただいていました。

ファームウェアを覗く

使用するのはxedit2.exeというソフトです。

バイナリエディターという種類のソフトらしく、Binファイルが見えてしまいました。

上の画像のように、文字列をアルファベットと数字に置き換えてくれます。

何を意味しているのかさっぱり分かりません。

検索ツールが使えるそうなので、試しに078と検索してみました。

Yarber8Kカメラは、sonyのimx078が搭載されています。

上のように、しっかりsony imx078の文字がありました。

なんで書いてあるのかはわかりません。

iCatchも同様に調べてみました。

ちゃんとあります。

筆者お勧めのカメラ強化スマホ
Xiaomi Mi10 Ultra

Xiaomi Mi10 Ultraのメインカメラに搭載されているイメージセンサーOV48Cには、たくさんのダイナミックレンジ拡大技術が搭載されています。
また、センサーサイズも1/1.32インチと、スマートフォンの中ではトップクラスの大きさです。
さらに望遠カメラとして使用されるペリスコープでさえ、1/2インチのimx586が搭載されています。

OnePlus 8Pro

オートフォーカスに有利な2x2OCLを搭載し、1/1.43インチの大型センサーimx689をメインカメラに搭載。
さらに超広角カメラでさえも1/2インチのimx586を搭載しています。

Huawei P40 Pro 5G

Sonyと共同開発された1/1.33インチRYYBセンサーimx700を搭載

iCatch Technology レビュー 未分類
技術箱をフォローする
スマホカメラ雑談

コメント

タイトルとURLをコピーしました