Staggerd-HDRとは 仕組みについて詳しく解説

Staggerd-HDRとは

Staggerd-HDRとは、イメージセンサーのダイナミックレンジを広げる技術の1つです。

スマホのように小さいイメージセンサーでダイナミックレンジを広げるには、明るい画像と暗い画像を2枚撮影し、それを合成するという方法が主に用いられています。

しかし通常、民生機向けCMOSセンサーでは、上の列から順に露光を開始&信号読み取りを行うため、1回目の露光(シャッタースピードが長く明るい画像)が完全に終わってから2回目の露光(シャッタースピードが短く暗い画像)を行います。

この間に時間のずれが生じてしまい、動く被写体に対して不利となります。

しかしStaggerd-HDRでは1回目の露光が終了した場所から、直後に2回目の露光に移るため、時間の差を短くすることができるようになります。また、読出しは短時間露光、長時間露光を交互に行うそうです。

時間軸に対するずれが少ないため、動画撮影時のダイナミックレンジも向上させることができます。

Snapdoragon888に搭載されたSpectra580 ISPではハードウェアレベルでStaggerd-HDRに対応しています。

Staggered-HDRに似たようなものにDOL-HDRというものが存在します。調べた限りほとんど同じです。異なる点がわかる方、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。

Staggered-HDR/ DOL-HDR

使用可能なイメージセンサー

SAMSUNG ISOCELL GN2 (S5KGN2)

参考

筆者お勧めのカメラ強化スマホ
Xiaomi Mi10 Ultra

Xiaomi Mi10 Ultraのメインカメラに搭載されているイメージセンサーOV48Cには、たくさんのダイナミックレンジ拡大技術が搭載されています。
また、センサーサイズも1/1.32インチと、スマートフォンの中ではトップクラスの大きさです。
さらに望遠カメラとして使用されるペリスコープでさえ、1/2インチのimx586が搭載されています。

OnePlus 8Pro

オートフォーカスに有利な2x2OCLを搭載し、1/1.43インチの大型センサーimx689をメインカメラに搭載。
さらに超広角カメラでさえも1/2インチのimx586を搭載しています。

Huawei P40 Pro 5G

Sonyと共同開発された1/1.33インチRYYBセンサーimx700を搭載

技術解説
技術箱をフォローする
スマホカメラ雑談

コメント

  1. […] Staggerd-HDRとは 仕組みについて詳しく解説Staggerd-HDRとはStaggerd-HDRとは、イメ… […]

タイトルとURLをコピーしました