SoCメーカーAmbarellaはなぜタマゴノキと翻訳されるのか?

Ambarella

AmbarellaはカメラSoC(ISP)メーカー

Ambarellaは、アメリカのカリフォルニア州に本部を置く、低消費電力、高精細、ウルトラHDビデオ圧縮、画像処理、コンピュータビジョンプロセッサに焦点を当てた、ファブレス半導体設計会社です。

上の画像のようにタマゴの樹と検索すると、なぜかアクションカメラなど、AmbarelaのSoCが搭載された機種が出てきます。

タマゴノキH2とありますが、明らかにAmbarella H2ですよね。

そこでタマゴノキについて調べてみました。

アムラたまごのき (卵の木)が由来

こちらの記事によると、タマゴノキと言うのは、アムラたまごのき (卵の木)と検索で出てきました。

「アムラ」がAmbarellaと似ていますよね。なんかわかる気もします。

こちらより引用
こちらより引用

上はAmbarella社のロゴです。Ambarellaのロゴは、アムラたまごのき (卵の木)をイメージしたロゴなのかもしれません。

筆者お勧めのカメラ強化スマホ
Xiaomi Mi10 Ultra

Xiaomi Mi10 Ultraのメインカメラに搭載されているイメージセンサーOV48Cには、たくさんのダイナミックレンジ拡大技術が搭載されています。
また、センサーサイズも1/1.32インチと、スマートフォンの中ではトップクラスの大きさです。
さらに望遠カメラとして使用されるペリスコープでさえ、1/2インチのimx586が搭載されています。

OnePlus 8Pro

オートフォーカスに有利な2x2OCLを搭載し、1/1.43インチの大型センサーimx689をメインカメラに搭載。
さらに超広角カメラでさえも1/2インチのimx586を搭載しています。

Huawei P40 Pro 5G

Sonyと共同開発された1/1.33インチRYYBセンサーimx700を搭載

Ambarella SoC
技術箱をフォローする
スマホカメラ雑談

コメント

  1. […] SoCメーカーAmbarellaはなぜタマゴノキと翻訳されるのか?AmbarellaはカメラSoC(… […]

タイトルとURLをコピーしました