SAMSUNG ISOCELL GH1

性能表

センサー名GH1
解像度7968×5480 4370万画素 (43.7M)画素
センサーサイズ1/2.65インチ
ピクセルサイズ0.7μm
ピクセルタイプISOCELL Plus
カラーフィルターTetrapixel RGB Bayer Pattern
通常のフレームレートUp to 30fps @full
ビデオフレームレートUp to 120fps @UHD, 240fps @1080p
シャッタータイプ電子ローリングシャッター
ADCの精度10-bits
電源電圧アナログ用2.8V、I / O用1.8V、デジタルコア電源用1.05V
動作温度-20℃ to +85℃
インターフェースMIPI 4 Lane RAW
クロマTetra
オートフォーカスSuper-PD (PDAF)
WDR3D/Tetra HDR
出力フォーマットRAW10
アナログゲインx16

特徴

小型

小型のデバイスにも収まるように小さく設計されています。

ISOCELL Plus

Super-PD AF

シャープでクリアな写真を撮るためには、素早いオートフォーカスが非常に重要です。ISOCELL GH1では、1画素ではなく2画素をカバーする特殊な楕円形レンズを使用した位相差オートフォーカスソリューション「Super-PD」を採用しています。これにより、高速で動く被写体を撮影する際にも、より正確で素早いピント合わせが可能となりました。

Tetrapixel

Tetrapixelでは、4つの隣り合うピクセルが同じ色になるように配列しています。

暗所では隣接する4つの画素の情報を加算して利用し6Mpの明るい画像を出力します。

明るい場所ではリモザイクと呼ばれる配列変換を行い24Mpの高解像度で撮影が可能です。

リアルタイムHDR

コントラストの高い環境でも、複数の露出のシーンを同時にプレビュー・記録し、HDR画像をリアルタイムで生成できます。

人間の目がどのように見えるかを模倣することにより、非常に詳細でコントラストのある鮮やかな画像やビデオを生成できます。

SAMSUNG ISOCELL GH1を搭載した機種

  • Samsung Galaxy S20 Ultra (インカメラ)
  • Samsung Galaxy S21 Ultra (インカメラ)
  • Oppo Reno3 Pro (インカメラ)

参考:

筆者お勧めのカメラ強化スマホ
Xiaomi Mi10 Ultra

Xiaomi Mi10 Ultraのメインカメラに搭載されているイメージセンサーOV48Cには、たくさんのダイナミックレンジ拡大技術が搭載されています。
また、センサーサイズも1/1.32インチと、スマートフォンの中ではトップクラスの大きさです。
さらに望遠カメラとして使用されるペリスコープでさえ、1/2インチのimx586が搭載されています。

OnePlus 8Pro

オートフォーカスに有利な2x2OCLを搭載し、1/1.43インチの大型センサーimx689をメインカメラに搭載。
さらに超広角カメラでさえも1/2インチのimx586を搭載しています。

Huawei P40 Pro 5G

Sonyと共同開発された1/1.33インチRYYBセンサーimx700を搭載

イメージセンサー
技術箱をフォローする
スマホカメラ雑談

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました