SAMSUNG ISOCELL 2X5

イメージセンサー

性能表

センサー名2X5
解像度5760×4320  2.480万(24.8Mp)画素
センサーサイズ1/2.8インチ
ピクセルサイズ0.9μm
ピクセルタイプISOCELL
カラーフィルターTetrapixel RGB Bayer Pattern
通常のフレームレートUp to 30fps @full
ビデオフレームレートUp to 120fps @6.2MP
シャッタータイプ電子ローリングシャッターとグローバルリセット
ADCの精度10-bits
電源電圧アナログ用2.8V、I/O用1.8V、デジタルコア電源用1.05V
動作温度-20℃ to +70℃
インターフェースMIPI 4 Lane RAW
クロマTetra
オートフォーカスContrast AF
WDR3D/Tetra HDR
出力フォーマットRAW8 (using DPCM/PCM compression), RAW10
アナログゲインx16

特徴

小型

0.9umのISOCELLPlusでありながら、小さく設計されています。

Tetrapixel

Tetrapixelでは、4つの隣り合うピクセルが同じ色になるように配列しています。

暗所では隣接する4つの画素の情報を加算して利用し6Mpの明るい画像を出力します。

明るい場所ではリモザイクと呼ばれる配列変換を行い24Mpの高解像度で撮影が可能です。

3D/Tetra HDR

コントラストの強い環境では6MPのダイナミックレンジの広い画像を出力できます。

SonyのQBC-HDRと異なるのは、Sonyの場合2段階の異なる露出で撮影するのに対し、ISOCELLでは3段階の異なる露出で同時撮影し、合成することにより、ダイナミックレンジの広い画像を撮影できます。

ISOCELL 2X5を搭載した機種

不明

参考:Samsung公式

筆者お勧めのカメラ強化スマホ
Xiaomi Mi10 Ultra

Xiaomi Mi10 Ultraのメインカメラに搭載されているイメージセンサーOV48Cには、たくさんのダイナミックレンジ拡大技術が搭載されています。
また、センサーサイズも1/1.32インチと、スマートフォンの中ではトップクラスの大きさです。
さらに望遠カメラとして使用されるペリスコープでさえ、1/2インチのimx586が搭載されています。

OnePlus 8Pro

オートフォーカスに有利な2x2OCLを搭載し、1/1.43インチの大型センサーimx689をメインカメラに搭載。
さらに超広角カメラでさえも1/2インチのimx586を搭載しています。

Huawei P40 Pro 5G

Sonyと共同開発された1/1.33インチRYYBセンサーimx700を搭載

イメージセンサー
技術箱をフォローする
スマホカメラ雑談

コメント

タイトルとURLをコピーしました