iCatch (Sunplus) V50 chipset 性能表

iCatch Technology

公式サイトより引用

V50は、4Kコンシューマイメージングデバイス向けの最先端のSoCです。

最大4つのCMOSセンサーをサポートでき、5軸電子画像安定化(EIS)、高ダイナミックレンジ(HDR)、超解像(SR)などの高度な機能を可能にする一流の画像信号プロセッサ(ISP)を備えています。

また、最大4Kp30FpsをサポートするハイブリッドH.264 / H.265コーデックも含まれています。

さらに、エッジでの画像分析アプリケーション向けにV50にCEVAデジタル信号プロセッサ(DSP)が組み込まれています。

接続性を拡張し、システムBOMの総コストを削減するために、さまざまな周辺機器インターフェイスも統合されています。

V50シリーズは、V50AとV50Mの2つの異なるパッケージがあります。

V50Mは、ICパッケージにDRAMを組み込み、

スモールフォームファクター設計を可能にします。

iCatch V50の特徴

  • デュアル32ビットRISC CPU
  • クアッドCISサポート
  • HDRコンビネーション
  • 電子式手ぶれ補正機能搭載
  • 歪み補正エンジン搭載
  • ビデオノイズリダクション(MCTF)
  • ローリングシャッター補正機能搭載
  • H.265 / 264 4Kp30ビデオエンコード対応
  • コンピュータービジョンDSP
  • セキュリティエンジン搭載
  • 2D GPU (OpenVG)
  • USB 2.0, HDMI v2.0, CVBS, GMAC
  • 外部WiFi / BTサポート

アプリケーション

  • 3Dセンシングカメラ
  • 家庭用防犯カメラ
  • 監視カメラ
  • ドライバー監視システム(DMS
  • デジタルビデオレコーダー(DVR)
  • アクションカメラ
  • 360°VRカメラ
  • ウェアラブルカメラ
  • デジタルスチルカメラ(DSC)

ブロック図

こちらより引用

スペック表

イメージセンサーインターフェース

  • 12レーンSubLVDS、HiSPIおよびMIPI-CSI2シリアルインターフェイス
  • クアッドセンサー入力
  • 42最大42Mピクセルの解像度のCMOSセンサー

対応画像処理

  • 最大1200Mピクセル/秒の生データキャプチャ速度
  • 最大300Mピクセル/秒のJPEGコーデック速度
  • ビデオノイズの動き補償時間フィルタリング 削減
  • リアルタイムのマルチフレームHDRビデオ
  • 画像ズームのためのリアルタイムの超解像度の強化
  • リアルタイムの多軸電子画像安定化(EIS)
  • リアルタイムのマルチセグメントローリングシャティエコレクション(RSC)
  • 高度な生ノイズと高ISOノイズ低減技術
  • レンズ歪み補正(LDC)および歪み補正エンジン
  • ローカルトーンマッピングWDRビデオ
  • エッジ強化のオーバーシュート制御
  • モーションベースのオブジェクト追跡エンジン
  • 美肌効果
  • デュアルコア顔検出および追跡エンジン
  • 赤目除去、まばたき検出、笑顔検出

動画性能

  • レベル5までのH.264 BP / MP / HPおよびH.265 MP
  • 4K2Kp30でのリアルタイムのエンコードとデコード
  • H.264 CABAC / CAVLCおよびH.265 CABACエントロピーコーディング
  • 最大8つの同時エンコーディングストリーム
  • I / P / Bスライスをサポート
  • 高度なビットレート制御
  • 最大4K2K解像度のMotion-JPEG

メモリ

  • 800最大800MHzの32ビットDRAMコントローラー
  • システムインパッケージ4Gb LPDDR3 SDRAM

プロセッサコア

  • 800最大800MHzのデュアルコアARM Cortex-A7プロセッサ
  • iCatch画像処理パイプラインおよびアクセラレーションエンジン
  • automatically自動的にオフロードする最大400MHzのビデオDSP
  • CPUからのコンピュータービジョンタスク

オーディオ

  • MPEG-1レイヤー1/2、MP3、AAC、G.726
  • 風音低減フィルターとノッチフィルター
  • ダイナミックレンジコントロール
  • external外部オーディオコーデックへのI2Sインターフェイス
  • microphoneマイク入力付き16ビットステレオオーディオADC
  • TV TVへの1ラインアウトと1スピーカーを備えた16ビットモノラルオーディオDAC出力

ディスプレイ機能

  • OpenVGおよびEGLグラフィックアクセラレーター
  • sustainable持続可能なパフォーマンスを備えたリアルタイムのベクターグラフィック
  • MIPI-DSIサポート
  • オンチップHDMIコントローラーとPHY
  • BT.601 / 656/1120デジタルインターフェイス
  • オンチップPAL / NTSCエンコーダーおよびTV DAC
  • デュアルディスプレイ容量(LCDおよびTV)

周辺機器

  • NANDおよびSPIフラッシュメモリ
  • SD / SDHC / SDXC、MMC、およびeMMC4.5 / 5.0
  • PHY PHYを備えたUSB 2.0デバイスおよびホストコントローラー
  • M MII / RMII / GMIIインターフェースを備えたイーサネットMAC
  • 多くのGPIO、PWM、UART、SPI、およびI2Cポート
  • リアルタイムクロックとウォッチドッグタイマー
  • 12 12ビットSAR ADCの複数チャンネル
  • タッチパネルインターフェース
  • wirelessワイヤレスデバイス用のスタンドアロンSDIOコントローラー

パッケージ

5 15 mm x 15 mの433ボールHSBGAパッケージ

iCatch Technologyとは

iCatch Technologyは、

2009年12月Sunplus Technology Groupから分離されたファブレスIC設計会社 です。

主にデジタル画像およびビデオ市場の、

リーディングソリューションプロバイダーになるという目標を持っています。

筆者お勧めのカメラ強化スマホ
Xiaomi Mi10 Ultra

Xiaomi Mi10 Ultraのメインカメラに搭載されているイメージセンサーOV48Cには、たくさんのダイナミックレンジ拡大技術が搭載されています。
また、センサーサイズも1/1.32インチと、スマートフォンの中ではトップクラスの大きさです。
さらに望遠カメラとして使用されるペリスコープでさえ、1/2インチのimx586が搭載されています。

OnePlus 8Pro

オートフォーカスに有利な2x2OCLを搭載し、1/1.43インチの大型センサーimx689をメインカメラに搭載。
さらに超広角カメラでさえも1/2インチのimx586を搭載しています。

Huawei P40 Pro 5G

Sonyと共同開発された1/1.33インチRYYBセンサーimx700を搭載

iCatch Technology SoC
技術箱をフォローする
スマホカメラ雑談

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました