Ambarella A12には複数のバリエーションが存在する

Ambarella

アンバレラA12には複数のバリエーションが存在

Ambarella A12は台湾Ambarella社の設計するプロセッサで、2015年に開発されました。
彼らは、ドライブレコーダーやアクションカメラメーカーに最高のCPUを提供するために、このプロセッサのモデルをリリースしました。

A12A20

  (最大解像度:1920×1080、FPS:30フレーム/秒、消費電力の削減)。A12A55はわずかに高価ですが、はるかに優れているため、ドライブレコーダーではあまり使用されていません。

A12A55

(2560×1440 @ 30fpsおよび1920×1080 @ 60fps)は、主に高品質セグメントのダッシュカメラに使用されます。
こちらのドライブレコーダーで採用されているようです。
このプロセッサは、1チャンネルのビデオレコーダーにのみ使用できます。
このプロセッサは、QHDRとGPSをサポートしています。

A12LA35

  (最大解像度:2304×1296; FPS:30フレーム/秒;)パフォーマンスが低いため、ダッシュカムでは広く採用されていません。それらを使用すると、クロック速度が戻され、24Fpsでしか撮影できません。これは、4Kの解像度を表示するDashcamで使用されますが、2304 x 1296であり、Real4Kではありません。引き延ばし4K(Fake4K)です。
このプロセッサは、SJCAM SJ5000 Plusで使用されているという情報を見つけましたが、よく見かける情報ではAmbarella A7なので、本当かどうか怪しいです。

A12LA55

ドライブレコーダーに採用されているようです。

調べましたが詳細は不明でした。

A12W35

こちらは詳細情報が出てきました。

CPUは504MHzまでクロックが上がるARM® Cortex™-A9 アーキテクチャを採用し、
28nmプロセスで製造されています。

センサーの解像度は3200万画素まで対応しており、1080P60Fps,1440p15Fpsまでの記録に対応しています。こちらはReal4Kではありません。

主にドライブレコーダーに採用されているようです。

A12S75

アクションカメラでもっともよく採用されるAmbarella製SoCです。

アクションカメラの販売ページでタマゴノキ(Ambarellaのこと)A12と書かれていたら、基本的にはこちらのA12S75を指します。

CPUは792MHzまでクロックが上がるARM® Cortex™-A9 アーキテクチャを採用し、
28nmプロセスで製造されています。
スマホでは5nmが採用されつつある2020年11月現在、28nmは古く感じてしまいます。

センサーの解像度は3200万画素まで対応しており、4K30Fps,1080P120Fps,720p240Fpsまでの記録に対応しています。こちらはReal4Kです。

2020年11月現在もAliexpressでは搭載機種が多く販売されており、4K30Fpsのカメラを購入したい場合は非常に異選択肢と言えるでしょう。

US .94 34% OFF|EKEN H6s 4K+ Ultra HD 14MP with EIS Remote Sport Camcorder Ambarella A12 Chip Wifi 30m Waterproof Panasonic Sensor Action Camera|Sports & Action Video Camera| - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com
筆者お勧めのカメラ強化スマホ
Xiaomi Mi10 Ultra

Xiaomi Mi10 Ultraのメインカメラに搭載されているイメージセンサーOV48Cには、たくさんのダイナミックレンジ拡大技術が搭載されています。
また、センサーサイズも1/1.32インチと、スマートフォンの中ではトップクラスの大きさです。
さらに望遠カメラとして使用されるペリスコープでさえ、1/2インチのimx586が搭載されています。

OnePlus 8Pro

オートフォーカスに有利な2x2OCLを搭載し、1/1.43インチの大型センサーimx689をメインカメラに搭載。
さらに超広角カメラでさえも1/2インチのimx586を搭載しています。

Huawei P40 Pro 5G

Sonyと共同開発された1/1.33インチRYYBセンサーimx700を搭載

Ambarella SoC
技術箱をフォローする
スマホカメラ雑談

コメント

タイトルとURLをコピーしました